So-net無料ブログ作成
★1日ワンクリックの応援をいただけると励みになります★

にほんブログ村 大人の生活ブログ フェチへ  


ブルマ・おしっことの出会い [長文物語]

c-1601brma01_cut_part1.mp4_000100033-150x150.jpg


私には他人には言えない性癖がある。

それは、体操服、それもブルマ、そして、おしっこが好きなことだ。

今でも、そのことを考えるだけで興奮してしまう。

そして、なぜ、それが好きなのか、理由もはっきりしている。


今回は、その出来事をお話ししてみようと思う。

実は、私の幼少期、性への目覚めと関係している。

私は、初めて、性を意識した瞬間を、今でもはっきりと覚えている。


★1日ワンクリックの応援をいただけると励みになります★
フェチブログランキング


子供の頃は、田舎で暮らしていた。

私のような40代男性の小学生時代は、女子の体操服はブルマだった。

といっても、最初からブルマに興奮していたわけではない。


それは、私が小学2年生か3年生の運動会の日の出来事だ。

当時は、運動会の日は、子供達は体操着を着たまま帰っていた。

低学年の私は、早く帰っていたので、外で遊んでいた。

ちょうど運動会の片付けをした高学年が帰ってきた時間帯。

田舎の畑のあぜ道で遊んでいた私の前に、ひとりの高学年の体操服&ブルマ姿の女子が現れた。

私のことには気づいていない。


それは、ホントにいきなりの出来事だった。

その女子は、急に、目の前でブルマをパンツごと脱いで座り込んだのです。

そして、勢いよく音を立てておしっこをし始めました。

きっと帰宅途中に、どうしても我慢できなかったのでしょう。

私は、びっくりして動くこともできず、斜め後ろから、桃のようなお尻と、その割れ目から、ほとばしるおしっこを凝視していたら、その女子も私の存在に気がついて振り向き、おもいっきり目が合ってしまいました。


相手の女子もびっくりした表情をみせたのですが、おしっこを止めることはできないようです。

そのまま、たまりにたまった大量のおしっこが出続けました。


それが小学生に似合わず大人っぽい感じの美人。

驚いた表情は、すぐに、恥ずかしそうな表情に変わりました。

私も、気を利かせて、さっと離れれば良かったのですが、幼少期の私は、そこまで頭が回らず、その光景をただただ眺めていました。

しばらく、そのなんともいえない時間がすぎ、おしっこが止まると、その女子は、慌ててブルマをたくしあげ、何も言わずに走ってその場を去って行きました。


そして、その姿は低学年の私の頭に焼き付いてしまった。

いつも、その様子が、頭の中に浮かんできます。

その頃、はじめて勃起というのを経験したように思います。

それは初めての性的な興奮として、私の脳裏に深く刻まれました。

それがきっかけで、ブルマ・おしっこに性的な興奮を持つようになったのです。


★1日ワンクリックの応援をいただけると励みになります★
フェチブログランキング







nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。